2c4f487352db65ee03fc6e2b1fcca84d_t


こんにちは。
般教解説シリーズ第3弾ということで、「現代メディア論」の内容を書いていきます。

この記事では、

  • 楽単度
  • 成績の評価方法
  • 講義やレポートの内容

などをまとめていきたいと思います。
履修を考えている方は参考にしてください。





「現代メディア論」の概要


「現代メディア論」は、日吉キャンパスに設置されている総合教育科目(般教)です。

秋学期・木曜日・3限です。
担当教授は、村田真さんです。

教授が異なる場合はここから先の情報は全くアテにならないので、よろしくお願いします。


成績の評価法


シラバスによると、「期末レポートおよび随時おこなうアンケート」ということらしいです。
割合は不明です。(そもそも私の年度ではレポートのみの評価でした。)

アンケートは数行程度で意見を書くものでした。
ただ、毎回あるわけではないです。


講義


まず、授業の最初にプリントが配布されます。(後ろに置いてあるので各自で取る方式)
その後は、座って話を聞くだけになります。
アンケートがある回は授業の最後の方に用紙が配られます。

ただ、講義は毎回出席しないといけないわけではなく、教授曰く「出たいときに出て話を聞いていくという感じでいい」らしいです。
私は全体の3割ほどしか出席していません。
アンケートも1回しか書いていません。


レポート


期末レポートが1回だけあります。

私のときは、
内容:授業で興味のあったテーマを1つ選び、それについて意見を書く。
文字数:1000字
でした。

授業のプリントが1つでもあれば書けるので、最悪授業に1回だけ出てプリント貰い、それについてレポートを書けばいいです。
そして文字数はたったの1000字なので、とっても楽だと思います。

楽単度


私の場合、3割ほどの出席、レポートは普通に書いてAを貰いました。

言い換えるならば、授業にちょっと出て1000字書けばAが貰える超楽単ということです。


まとめ


以上、「現代メディア論」の内容でした。

非常に楽なのでGPAを稼ぎたい人は取り得の講義ですが、抽選倍率がめちゃくちゃ高いのでそこだけは注意してください。

ちなみに、名前は現代"メディア"論ですが、内容は芸術作品に関することしかやりません。
騙されないように!