またりんの限界日記

現実は厳しい…

2017年09月

本日の英語での出来事

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_m



日吉の坂で銀杏が潰れる季節になりました。

もう匂いが凄いです。

秋の上野公園に行ったことのある人ならわかるでしょう…

誰だ踏み潰してるのは!!




というわけでこんにちは。

我々理工1年は、必修科目として英語があります。


春学期の頭に受けるテストによってクラスが決められ、

下から、「基礎」「中級」「中上級」「上級」「最上級」と分かれます。


私はリスニングに超弱いのでテストでボコボコにされ中級になってしまいました。


そしてそこからまた好きな教授を選び、1年間その教授の講義を受けるという仕組みです。

この教授選びが中々大事で、中級では4人から1人を選ぶのですが、私はしっかり調べて1番楽単の人を選択しました。



うっかり適当に選んでエグ単を取ってしまったフレンズたちは、毎授業単位で恐ろしい量の宿題を出されたり、エグいプレゼンをさせられたり、教材を色々買わされたり、


それはもう地獄絵図です。



私が受けている講義では、

春学期にリーディング、秋学期はリスニングをします。

今回はそのリスニング第1回でした。



前述したとおり私はリスニング弱なので、普通に死亡覚悟で行きましたが、

どうやら今回は音声を聞いてそれに合わせて喋るだけでした。


ヘッドセットがあるので、喋った音声を録音し提出するという中々珍しい授業でした。


まあ皆さん嫌々やって、とりあえず録音完了というところ。



「それでは、提出の方法を教えますねー」

「まずですねー、このソフトのここのボタンをクリックして…」

「…」

「ガサゴソ」

「…」


「あ」

うっかり、皆さんの録音データが消えてしまいましたね…



一同「!?!?!!??!?!!???!!?



「もう1回録音しましょうか…!」




とまあ、おっとり教授のお茶目な事件が見れたところで終了でした。





英語の時間は催眠術にかかるか、訳の分からないことが始まるかの2択です。

果たして、この大学にまともな講義というものはあるのだろうか。


ではまた。






にほんブログ村 大学生日記ブログへ

現代メディア論:感想

da1de393f31af90bb07bafc96ca5bc50_m


皆さんこんにちは。

予告通り、きちんと現代メディア論の講義を受けてきました。



ただの楽単でした_(:3 」∠ )_


「アート」に関するとは言いましたが、もはやアートだけです。

「メディア」とはどこに行ってしまったのか。

これでは現代美術論です。

今日は美術展などの紹介で終わってしまいました。



教授は、「別に毎回講義に出なくてもいいよ」などと抜かし、後ろの席の人は睡眠orトークorスマホです。

無論、私もTwitterと戯れていました。




一応話を聞いてはみましたが、何を言ってるかさっぱりわからなかったので諦めました。

これからあの講義の時間は、内職の時間になります、やったね!




というわけで、今まで以上に楽単だった、「現代メディア論」のお話でした。





にほんブログ村 大学生日記ブログへ

現代メディア論という講義があるようだ

da1de393f31af90bb07bafc96ca5bc50_m


皆さんこんにちは。






このようにTwitterアンケートで「面白い記事を更新頻度上げてどんどん書け」などとイジメられ(?)ました。

というわけで、まずは更新頻度を上げていくことを目標に頑張るぞ!

私は文章作成に関してはかなり未熟なので、面白い記事はまだ書けないでしょう…




明日、秋学期に履修する一般教養科目、「現代メディア論」というものを受講します。


どうやら現代のメディアに存在する「アート」を見つけていく講義のようです。

HOTなネタを扱うので、講義内容は未定らしいです。

何というか面白そうですよね。

というのは建前で、本音は楽単らしいので取りました。



そもそも理工学部では、理系科目で固められた必修科目の他に、「一般教養科目」という名で文系科目を受講することが出来ます。

むしろ理系科目より楽しいです。

特に私が取った中では、哲学が結構面白いです。


こんなこと言ってるから理系科目の成績が悲惨なことになるんですが。





というわけで、明日は「現代メディア論」を受けてみた感想でも書こうかな。


それではまた。





にほんブログ村 大学生日記ブログへ

1限というものが無い日

ebf0f77a9141dbf992b3f53ff44ac0d5_m



トマトが大好きなんですよ。


今日はキュウリと混ぜてシンプルなサラダにして食べようとしたんですね。

でも、トマトってやっぱり水分量がすごいじゃないですか。

今回のトマトは特に活きが良くてね、危うくキッチンで溺れるところでした。

今後は気を付けないといけませんね。



それはさておき、皆さんこんにちは。

今日は大学生活初の、2限スタートの日でした!

つまり1限が無いんですよ。


私のクラスの時間割は、必修科目が見事1限を埋め尽くしていたので、春学期は毎日早起きという健康的な生活を送っていました。

しかし、秋学期になり火曜木曜の1限が消滅。

これから何とも平凡な大学生活のスタートとなります。











違和感しか無かった。


何だろう、いつもの時間に起きないと何かスッキリしませんね。

駅までの道も既に朝の涼しさというものは無く、ひたすら残暑。


それより一番悲しかったのが、武蔵小杉→日吉の目黒線内で座れないこと。

同じく2限スタートの学生が沢山いたんですね。


1限スタートの頃は、9時から始まる授業に対し8時半に到着するよう、少し早い時間に電車に乗っていました。

そのおかげで学生の1限ラッシュを回避していました。


しかし2限となると、早く来ても1限の授業があり教室が空いていません。

ですから、2限スタートの人たちは大体同じ時間に登校する羽目になるわけです。

(別に早く来てクソ暑い図書館に居ることも可能だが)

あの目黒線は休息と睡眠(たった2駅)の地だっただけに、ショックです。





なんか書いているとデメリットしかないですね。

別に私は早起き出来る人なので、1限でも全然いいんですよ…


むしろ1限を返して欲しい。


5限などに授業があるよりは、1,2,3限で全ての授業が終わって、お昼に悠々と帰宅する方が気持ちがいいでしょうに…







でもやっぱり私は1限嫌いです

1限があるというだけで、無意識的に遅刻する夢ばっかり見るんですよね。

高校時代は特に酷かった。

経験のある人は分かると思いますが、あれは滅茶苦茶心臓に悪い。

そう思うと1限が減って正解なんでしょうか…



とまあ、複雑な気持ちで始まった秋学期。

目標は、「内職をしない!」でいきたいと思います。



頑張ります。






無論、睡眠はするでしょう。



にほんブログ村 大学生日記ブログへ

GoogleAdsenceに申請しました…

bandicam 2017-09-25 23-40-25-129


緊張する…


本日アフィリエイトデビューを果たすため、GoogleAdsenceに申請致しました。

本来普通に申請するだけだったのですが、ブログのドメインがLivedoorのサブドメインではNGになっていたので、

急遽約1000円の出費をし、独自ドメインを取得しました。


というわけで、ブログのアドレスは、

http://matarin1725.blog.jp から http://matarin1725.com

に変更しました。

自動的に移動してくれるシステムなので、特に皆さんには影響ありません。

それと、ドメイン変更の間、一時的にブログにアクセス出来ない状態になっていました。

誠にもうしわけねぇー_(:3 」∠ )_



ちなみに、このGoogleの審査ですが。

噂によると、超厳しいです。

まず、1回目のチャレンジはダメ元で!

もし通らなくても何度も執拗にネチネチと申請していく予定です。


運良く通った時は無事私のプチバイトが始まります。

ここまで長かった…



というわけで、ちょっとしたご報告でした。

ありがとうございました。




以下ここからは、私の今後について少し語ります。

↓↓↓

そもそも、普通のアフィリエイトサイトとして思い浮かぶものと言えば、

「○○する方法!」

とか

「○○におすすめの商品!」

とか

「厳選!5つの○○!」

とかいう記事を沢山作ってるサイトですね。

大体検索上位に出てくるし、普通に分かり易いので私もよく利用します。


ですが一応言っておきますが、私はそういうブログを作るつもりは一切ありません。

一番最初の記事でも書いたように、このブログはノーマルな大学生のただのバイトです。

同じような記事を量産したり、長文記事を沢山書いたり、興味も無い話題をツラツラ書いたりはしません。

(そもそもそんなスキルは無い(^_^;))

アフィリエイト審査がもし通ろうと、これからもこのブログは、こののんびりペースでやっていきたいと思います。



それでも宜しければ、これからも当ブログをよろしくお願いします!





にほんブログ村 大学生日記ブログへ
プロフィール
大学生ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

スポンサーリンク