742ca84a503da381d681e75904533cf5_m


皆さんこんにちは、私です。

私は自己紹介の記事で、中高6年間帰宅部だったと言いました。

今回は、その理由について話そうかなと思います。


これまでの経緯



実は、最初から帰宅部をすすんで選択したわけではありません。

中学では、何か1つ部活を選んで入るというルールがあったので、一応とある運動部に入部することにしました。

(このルールは別に破ってもいいようでした。現にすぐ破りました。)



小学校の頃も、「クラブ活動」という名義で部活らしきものが存在していました。

好きなクラブを選んで入り、週1で活動をするというものです。

小学校でのクラブ活動は普通に楽しかったので、中学校での部活も楽しいだろうと思っていました。


これが大きな間違いでした。


すぐに、私は部活で楽しむことは出来ないと確信したため、スッパリと辞めました。

そしてそのまま、高校まで帰宅部になったということです。



小学校の「クラブ活動」と中高の「部活動」の決定的な違い



小学校では楽しめていたクラブ活動が、何故中学生になってからは楽しめなくなったのか。

それは、小学校と中学校でやっていた活動の内容が違う、ということが原因ではありませんでした。


この原因こそが、今回の記事のタイトルである、

「ガチ」と「エンジョイ」の違いにあります。


「ガチ」というのはその名の通り、部活動に本気で取り組み、大会などで賞を貰うことを目指して練習を重ねたり、努力したりします。

一方、「エンジョイ」というのは、ただその活動を楽しむだけです。本気で練習したり大会に出たりすることはありません。



これこそが、私が部活を辞めた理由です。

小学校では「エンジョイ」で楽しんでいた私は、中学校での「ガチ」の部活に着いていけませんでした。

というよりはそもそも、単純につまらなかったです。

ひたすら練習したり、大会に出たり、私はそういう緊張感のある雰囲気で活動するのではなく、

ただその活動が好きな人が集まって、ただ楽しんでるだけの雰囲気が好きでした。


だから、私には中高の部活は合わなかったんです。


そして、「ガチ」と「エンジョイ」の違いはそのようなところにあります。

全部ではありませんが、よくある傾向として次のようなものが挙げられます。


ガチ

  • 練習が多い

  • 大会などで、結果を残す

  • 勝ちを求める

  • 負けたくない気持ちが強い



エンジョイ

  • 練習は少ない(やってるうちに次第に上達していく)

  • 大会に出ない

  • 大会に出た場合でも、結果にあまりこだわらない

  • 勝っても負けても楽しめればいい




私は、実践することが楽しくてやっていたので、ひたすら練習をしたりするのは大嫌いでした。

ですから、結果的に部活を辞めることにしました。


野球で例えると、試合をするのは大好きだけど、キャッチボールや守備練習などは嫌いだといった感じですね。



考えられること



私は、大学ではエンジョイ系のサークルに入って、気ままに楽しんでいます。

大学のサークルにはガチなところもありますが、大半がエンジョイです。

一応、自分に合う場所が見つかったので、そこは良かったなと思います。



しかし、この「ガチ」と「エンジョイ」には問題点がいくつかあります。


  1. かなり意向が違うため、混ざれない


  2. 実際に私がそうだったように、ガチ志向の人はエンジョイの人とうまくいきませんし、逆もそうです。

    うまくいかないというのは、一緒に活動をしてもいい雰囲気にはならないことが多いという意味です。

    中学校で、私のように部活をあっさり辞めたり、幽霊部員になったりしていた人居ましたよね?

    もしかしたらその人はエンジョイ志向で、部活でのガチの雰囲気についていけなかったのかもしれません。

    実際ガチ志向の人の方が全体の人数は多いので、エンジョイ派の人が居場所を失くしてしまうことはよくあることですね。


    このような場合では、無理に混ざろうとしてもデメリットの方が当然大きいです。

    自分の志向にあったものを選択するようにしましょう。



  3. 中高に、エンジョイの居場所が無い


  4. これが一番の問題です。

    何故、中高にはガチ志向の部活しかないのか、私には意味が分かりません。

    元々エンジョイ派の人の居場所が無いところで、「どれか1つを選んで入ってね」なんて言われても、これはただの嫌がらせ行為です。

    「将来社会に出て役に立つ」
    「達成感を得ることが出来る」
    「続ける力が身につく」


    など、部活をやらない人に対して使う言葉、

    これらは全部綺麗ごとだと思います。

    自分と考え方が合わない人がたくさんいる環境で、本当にこれらのようなメリットを得ることが出来るでしょうか?

    今一度、中高の部活制度について考え直す必要があると感じています。



    「ただ楽しみたいだけなら、勝手に友達とやればいい」

    これも違います。

    中高にも独自に、大学のサークルのようなエンジョイ志向の環境を設けることが必要です。

    初めて会う人と好きなことで繋がったりすることで、コミュニケーション能力の向上に役に立つのでは無いかと思います。

    少なくとも、帰宅部のままでいることはデメリットは無くても、メリットもあまり無いのは事実ですからね。




あとがき



今回の記事は、私が中高の部活に対する不満を綴っただけでした!すいません!

帰宅部に嫌悪感を抱いていた人も、これを機に考え直して頂きたいものです。

実際に、ガチ志向が嫌いで辞めている人は多いと思います。

(そう確信せずとも、なんとなく練習がめんどくさいというのもエンジョイ志向の証かも)



皆が好きなことを楽しめるようになればいいですね!

ではまた。





※余談※

「エンジョイ志向の人の考えていることがわかんねぇ!というガチ系の方々へ」

私は、ただ好きなことをしたいだけです。
勝ち負けなどを執拗に求めると、負けた時イライラしますよね。
そういう雰囲気が嫌というか、なんで好きなことをやっているはずなのにイライラしてるんだ?という気持ちでいっぱいになります。
イライラするならやめればいいじゃんといつも思います。

高校の頃、友達と体育の授業でスポーツをする機会がありました。
もう受験期だったので、練習などはやらずに、勝手に試合でもしてねという謎の授業でした。
その時の、ゆるーい雰囲気でなんとなく試合をして、ただ楽しんでいるだけというその状態が一番楽しかったです。

繰り返しますが、ただ好きなことをやって楽しみたいだけ。
これが多くのエンジョイ志向の人が考えていることなのではと思います。
そして、これが娯楽の本来あるべき姿なのではないかと考えています。

以上です。





にほんブログ村 大学生日記ブログへ

スポンサーリンク