961e9d5691ab29fac8ab094f0b1a9d8c_s


皆さんは「科学的根拠」って信じますか?


今回は、「科学的根拠」と「経験」の関係性をテーマにお話ししていきたいと思います。




科学的根拠とは?



ここで科学的根拠の定義についてべらべら喋っても面白くないし、そもそも私自身もよくわかっていません。

参考になりそうなサイトを貼っておきます。
暇な人は読んでみてください。

科学的根拠とは何なのか! - SWEET AT HEART

簡単に言えば、「科学的根拠」なんてアテにならないということ。

それだけ分かってもらえればいいです。

今回私が言いたいことはそんなことではありません。



科学的根拠は無意味



そもそも単純に考えてみましょう。

「このサプリメントは体にいいよ!」
「この食べ物は健康にいいよ!」
「この薬は免疫力が上がるよ!」

このような売り文句、よく聞きますよね。

確かに、「あぁ体にいいんだろうなぁ」ぐらいは伝わります。

ですが、具体的にどういう仕組みでどう体に良くて、どういう効果があるのか全く分かりません。

この時点ではまず購入する人は殆どいないでしょう。



そこで、賢い販売者は工夫をします。

「○○が○○に作用して○○になるから体にいいよ!」

テレビショッピングなどでは映像付きでより明確に説明しますね。

こうすると消費者はよく理解できて、購入に至るわけです。



別にきちんと科学的根拠に基づき、効果について説明しているわけです。

一見何の問題も無いように思えますね。

でも、こんなものアテになりません。


科学者が、どれだけ詳細に1つの作用も残さず分かり易く伝えたとしても

私は全くアテにしません。





私は昔こんな話を聞きました。


ある所に1人の小学生がいました。

その子は歯磨きが大嫌いで、今まで歯磨きをしてこなかったそうです。(既に驚愕)

ですが、虫歯は一本もありませんでした。


しかし、流石に教師達は心配するでしょう。

その子を取り押さえ、強引に歯磨きをしました。

すると数か月後、その子には虫歯が出来てしまった。




訳が分からない話ですが、別に不思議では無いように思えます。

そもそも、人間というものは個人差があります。


よくある話だと、

この薬は50%の人には効果があるけど、もう50%の人には効かない。というように。


歯磨きは殆どの人間には効果がありますが、別に0.000000.....01%の確率で歯磨きの意味が無い人が居てもおかしくないですよね。(確率は例)


理想的な睡眠は7時間などと言われていますが、

それが6時間の人もいれば8時間の人もいる。

ましてや3時間で健康的な生活が送れる人だっていてもおかしくないです。



当然色んな人がいるわけですから、最善の方法も人の数だけあるわけです。

先ほどの、「体にいい!」という売り文句だって、ある人にとっては大ウソになることもあります。(そのため「効果は個人差です」と小さく書くわけだが)




科学的根拠は恐らく正しいです。

「そんな効果があるのか~、でも自分にもその効果があるか分からないね」

という考え方が必要なんです。



科学的根拠より大切なもの



それは、「経験」です。

別に軽率にサプリメントや食品などを購入してもいいんですよ。

合わなければやめればいいんです。




これが、「経験」ということです。

実際に試してみて、「効果が無いな」と"経験"したから使うのをやめる。

普通のことですよね。

ですから大半の人は「経験」をある程度は上手に利用できているんです。



科学的根拠などは一旦無視!

まずは使ってみて、ダメだったら使わなければいい。


いわゆる、百聞は一見に如かずですかね。

このことを頭に入れておき、必ず守っておけば、販売者の戦略に惑わされることが無くなります。





しかし、「経験」の利用が難しいケースが2つあります。

1,効果があるのか分かりづらいとき
2,固定観念に囚われているとき


危険なのは2のケースです。



1,効果があるのか分かりづらいとき



「サプリメント買ってみたけど、なんか効果があるような気はするけどよくわかんないな…」

この場合、大抵効果は無いのでスッパリやめましょう。

仮に効果が出ていたとしても、分からないような小さな変化なら、お金を払うだけ勿体ないと思いましょう。



2,固定観念に囚われているとき



今回私が一番言いたかったことです。


こんな人いませんか?

「食品添加物は体に悪い!!」
「安い製品は体に悪い!!」


正直めちゃくちゃ哀れな人だと思います。_(:3 」∠ )_

こういう固定観念に縛られて、お金を浪費していくんですね。


もちろん、本当に食品添加物に過敏で体に異常を来すとか。

安いシャンプーや歯磨き粉などに含まれているラウリル硫酸ナトリウムなどに健康を阻害されたことがあるとか。

これこそ科学的根拠ではなく「経験」に基づいた判断です。


ですがこういう人の大半は、ネットによく書かれている「○○は健康に悪い!」とかいう誇張表現に見事に騙されてるだけなんですよね。

食品添加物とか、食べ物のコゲとか、歯磨き粉のフッ素とか。

一般的には普通では考えられないほどの量を摂取した時に異常が起きます。

ですから、普通に暮らしている分には基本的には問題無いんですよ。



「でも少し食べただけでも体に悪いものが体内に蓄積されているだろ!」

こう言う人は今後水分補給をやめてほしいですね。

水だって8Lぐらい一気に飲めば死にます。

水を飲んだら死に近づきますよ?と言いたいです。



つまらない固定観念に縛られていては正常な判断が出来ません。

今まで毛嫌いしていたものも、本当は何の問題も無いかもしれません。

結局は「経験」してみないと分からないんです。




科学的根拠なんていう他人の戯言より、自分の体が言っていることをアテにするべきではありませんか?

科学的には良いことでも、あなたの体に異常が出れば、それは悪いことです。

自分のと、そしてお金も大切にしましょう。



私の経験例



最後に、ここからは私の経験と実践していることです!

特に興味が無い方は飛ばしてください!ここまで読んでいただきありがとうございました!





私は太らない体質なので、食べたいだけ食べるようにしています。

以前1日1つスナック菓子を食べる生活をしていましたが、体には何の変化もありませんでした。

(今はお金が勿体ないのでしませんが



昔は母の影響で、食品添加物は体に悪いものだと思っていました。

ですが、食品のバランスのほうが大事だと知り、いわゆる肉魚・炭水化物・野菜をバランスよく食べています。

コンビニ弁当も時間が無いときやめんどくさいときはバンバン駆使します。


つい最近、丸1日野菜の摂取量がかなり減った日がありました。

たった1日ですが、見事に体調が悪くなりました。

私には野菜は必要だったようです。



洗剤などは安いものを使っています。

手肌は荒れないので、問題ないです。

その代わり唇と目は無限に乾燥するので対処しています。



また、以前髪の毛にすっごく悩まされたので、色々調べてアミノ酸シャンプーを使用しています。

少々高いですが、必要なので仕方ないですね。

効果は結構ありました。



キリが無いのでこの辺で。

周りが使ってるからなどという適当な選び方では多分損をします。

きちんと自分に合ったものを選びましょう!




ー完ー




にほんブログ村 大学生日記ブログへ

スポンサーリンク