またりんの限界日記

現実は厳しい…

スマホ

レビュー:スマホゲーム「SLIDE PRINCESS」

Screenshot_20180215-145734


どうもこんにちは。

今回は"ゲームレビュー"をしていきたいと思います。


bandicam 2018-02-15 18-18-10-390


今回レビューするのは、「SLIDE PRINCESS」というスマホゲーム。

ジャンルは、見下ろし視点型の脱出ゲームです。

脱出ゲームと言えば1人称視点がほとんどなので、珍しいですよね。


bandicam 2018-02-15 18-17-24-126


Playストアでの評価は4.8です。



確か1年前ぐらいに私はこのゲームをプレイして、

「そういやあのゲーム面白かったな…レビューしよう」

と思い立ち、本日もう1周プレイしてしまいました^^;




・システム



Screenshot_20180215-150000


このゲームはステージ式となっています。

全23ステージ+隠しステージ1つの計24ステージで構成されています。

ステージ数は多くは無いので、短時間で遊びきれるかと思います。


Screenshot_20180215-173342


各ステージには出口があり、基本的にはそこから出るのが目標です。

もちろん通常の脱出ゲームと同様に、仕掛けを解いていく必要があります。

画像の場合、出口に鍵がかかっていますので、鍵を見つける必要がありますね。


また、各ステージにはシークレットファイルというものが1つ隠されています。

これはストーリーに関係するアイテムとなっています(後述)。


Screenshot_20180215-180719


視点が違うだけで、本質は通常の脱出ゲームと変わりません。

このように、アイテムの詳細をチェックしたりするところなど、まさに脱出ゲームですね。


Screenshot_20180215-180753


もちろんアイテムは合成・分解が可能です。

画像は先ほどのつるはしの先の部分と、ロープを合成したところですね。

他にも様々なアイテムが登場します。



・難易度



Screenshot_20180215-184214


脱出ゲームというと、非常に難しいというイメージを持つ人もいるかと思います。

私も、他のスマホの脱出ゲームをいくらかやったことがありますが、難しすぎて見事に全部詰んでしまいました。


しかし、このゲームは良く調整された難易度です。

表現するならば、"割と難しい"といったところ。

後半になるに連れ特に難しくなりますが、いくら考えてもわからず詰んでしまうほどではありません。


Screenshot_20180215-184812


一応、どうしても出来ない人のために、ヒント機能が用意されています。

広告を見れば、脱出のヒント・シークレットファイルの隠し場所のヒントを見ることが出来ます。


ですが、この機能は使わない方が格段に面白くなります。

是非本気で考えて解いてみてください。

絶対に解ける程度の難易度になっています。



・ストーリー



Screenshot_20180215-145854


このゲームは、脱出ゲームとしては珍しくストーリーがついています。


Screenshot_20180215-173408


ストーリーを読むためには、各ステージに1つ隠されているシークレットファイルを集める必要があります。

まとめて読むと退屈になるかもしれないので、各ステージをクリアするごとに読むといいです。


あくまで脱出ゲームのオマケ程度なんですが、結構よく作られていると思いました。

ストーリーとステージがリンクしていたりもします。


ちょっと難解なので、ネットで調べて考察記事を見るといいですね。


・音楽



ゲームの雰囲気によく合った非常に良いBGMだと思います。

効果音の方は一部で大きすぎるところがありますが、特に気になりません。



・総評



色々書きましたが、何よりも1番言いたいことは、


脱出ゲームがめちゃくちゃ面白いことです。


各ステージのギミックが、まさに天才の考えたそれです。

どのステージも、オブジェクトの配置、解く手順など、入念に練られていて本当に素晴らしいと思います。

「よくこんな仕掛け思いつくな…」と感じながらプレイしていました。


意外なアイテムの組み合わせがあったり、ステージ名がヒントになっていたり、面白いです。


特に、ステージ6,10,11,20,22などは分かった時に鳥肌が立つレベルでした。

それを含めて、やはりヒント機能は使わずにプレイして欲しいものです。



なので、ステージ数が少ないのが本当に残念です。

続編が出たら絶対にやりたいような作品でした。




数時間で遊びきれるので、是非皆さんもプレイしてみてください。


にほんブログ村 大学生日記ブログへ

レビュー:スマホゲーム「7年後で待ってる」

Screenshot_20171230-173921


どうもこんにちは。

初めての"ゲームレビュー"をしていきたいと思います。



bandicam 2017-12-30 21-11-48-331


今回レビューするのは、「7年後で待ってる」というスマホゲーム。

一応ジャンルはアドベンチャーですが、ほぼノベルゲームです。

bandicam 2017-12-30 21-12-01-816


Playストアで、4.9という非常に高い評価を獲得しています。




・ストーリー



7年前、ぼくは記憶を失った……
でも、たった一つ、あの約束だけが忘れられない――

「7年後で待ってる……」
顔も名前も分からない誰かとの約束

失くした記憶のカケラを取り戻すため
そして、あの日交わした約束を果たすため
ぼくはこの街へ帰ってきた――



テーマは生と死友情・恋愛です。

そして、もう1つのテーマとしてタイムリープがあります。


少しでもネタバレするのは惜しいようなゲームですので、これ以上内容には触れません。

簡単に言うと、シュタインズ・ゲートをさらに大規模にした感じ、でしょうか。


Screenshot_20171230-173915


40章からなる本編と、13章からなるエピローグで構成されています。

が、本編を前編、エピローグを後編と考えるほうが自然です。


一応サイドストーリーは課金制ですが、本編とエピローグは全て無料ですし、それだけで十分楽しめます。


本編が終わった時は、「え、これで終わり?」と正直感じました。

しかしその後のエピローグで鳥肌と涙腺をフル活用させられました…


ただひたすらに泣かせにくるゲームではなく、恐怖や不安を煽るシーンが何度かあり、今まで観たどんなアニメや映画などよりも鳥肌が立ちました

シナリオの練り方も非常に上手く、途中は「ここからどうやってハッピーエンドに持っていくんだろう…」と非常に不安でしたが、最後の終わり方はとても美しかったと思います。



Screenshot_20171230-173833


↑特にこのシーンはヤバかったです。

ネタバレになるのでセリフは伏せています。

是非ご自身の手でプレイしてみてください。



・グラフィック,システム



Screenshot_20171230-174017


2Dのドット絵を、そのまま3Dにおこしたような個性的なグラフィックです。

後半になると、先程載せたような3Dの一枚絵が何度も登場し、それがまた非常にいい味を出しています。


システム面でも、ノベルゲームに最低限必要な複数セーブ機能、ログ閲覧機能は備わっているので、文句ありません。


一応RPGのようにマップ上で操作をしますが、ほぼやることは決まっていて一本道同様なので、本当にノベルゲームだと思って問題ないでしょう。



・音楽



また、このゲームはBGMの切り替え方が非常に上手いです。

ここぞというタイミングで絶妙に切り替え、プレイヤーの感情をさらに増幅させるような感じですね。

是非、イヤホンをつけてプレイしてみてください。

無音でやると大損します。




・総評



ごちゃごちゃ書きましたが、本当に良い作品だと思いました。

クリアまで6~7時間はかかりますが、終始「やべぇよこれ…」と思いながら先日ぶっ続けでプレイしてしまいました^^;

正直、アニメ化されてもおかしくはないレベルの傑作だと思います。


ほんと、時間がある時にでもプレイしてみてください。

感動します。




にほんブログ村 大学生日記ブログへ

電車の中でのスマホ

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_m


どうもお久しぶりです。

せっかくの3連休だったので、麻雀したりゲームしたりと遊び呆けていました^^;

渾身の謝罪をお送りいたします。

ごめんね☆




ところで、電車内をふと見回してみると、スマホつついてる人がめっちゃ多いですね。

自分も普段そうですし、改めて考えるとすごい数です。



よく、電車の中でスマホするぐらいなら本読んだり新聞読んだりしろ!時間の無駄だ!

とかいう人いるじゃないですか。

あれって結構意味不明な理論ですよね。



そもそも、単にスマホと言っても色々あります。

大きく分けると、

・SNS
・ゲーム
・ニュース見たりなどの勉強系


勿論、スマホで本読んだりニュース見たりしてるのなら、誰も文句は無いと思います。

彼らが時間の無駄だと言ってるのはSNSやゲームでしょうね。

でもこれらって本当に時間の無駄なのでしょうか?


私はそうは思いません。



SNSは大体、他人とコミュニケーションするために使いますよね。

他人とコミュニケーションするのって時間の無駄なのでしょうか。

彼らはいつも、時間の無駄だと思いながらコミュニケーションするんですかね。

友達とLINEする時も、「時間の無駄だなぁ」と思いながらやるんでしょうか。


そんなわけないですよね…

コミュニケーションは大切ですし、SNSも決して時間の無駄では無いと思います。




一見時間の無駄に見えるようなゲームだって、大切な娯楽です。

(私みたいなやり過ぎは別として、)ゲームでストレス発散するのは結構いいことだと思います。

(余計にストレスが溜まるようなゲームをするのは論外だが)



サラリーマンとかは特に、会社では仕事ばっかりすることになるんですから、

電車の中の少しの時間でも、遊びたいのはわかりますし。

また、最近では将棋ブームで、電車の中で将棋してる人も結構見かけます。

脳を使うので尚更いいと思いますよ。





「私は電車の中でスマホをするような低俗な人間には成りたくない!」

と言わんばかりのドヤ顔で電車に乗っている人をたまに見かけますが、

「何もせずぼーっとしてるあなたの方が時間無駄にしてるやん!」

と言いたくなりますね^^;





というわけで、少し前から思っていたことをちょっと書いてみました。

周囲の目なんて、気にするだけ損ですね。


ではまた。





ちなみに私は電車の中で本や新聞を読むと秒で酔うので無理です。

新幹線でも酔うので_(:3 」∠ )_

何故かスマホだと酔いません、何でだろう…





にほんブログ村 大学生日記ブログへ

歩きスマホは本当に悪いのか?

e94866feab5b33bf40c17e3c43d50572_m


皆さんこんにちは、私です。


最近ニュースで、歩きスマホをしている人の歩行を妨害するような行為について報道されていますね。

一番有名な例として、下の事件があります。

「歩きスマホ」女性に体当たり、重傷…63歳ミュージシャン逮捕― スポニチ Sponichi Annex 社会

歩きスマホをしていた女性に対し、男性は直前で方向を変えて体当たりをしたようです。


流石にここまで過激な妨害は珍しいですが、ネット上では様々な意見が見られると思います。

  • 歩きスマホに対し、危険なことだと教えてあげているだけだ。

  • 何故歩きスマホしている人をわざわざ避けないといけないのか?

  • 歩きスマホはよくないけど特に妨害はしない。



今回は私個人としての意見を、ここで述べていきたいと思います。




そもそも歩きスマホは何が悪い?



そもそも歩きスマホは前方不注意になるということは、誰もが知っていることです。

自動車でいう所のわき見運転ですね。

うっかり壁や電柱にぶつかりそうになることも有りますし、そして大半の場合では人同士が接触します。


当然、人同士がぶつかるのは良いことではありませんし、運が悪ければ転倒して怪我をすることもあります。

これが、歩きスマホの悪いところですよね。


ここまでは、皆さんご存知だと思います。



本当に歩きスマホが悪いのか?



皆さん、こういう経験はありませんか?


 人が2~3人しか通れないような狭い歩道で、向こうから人が歩いてきた。

 自分が避けようとしたら、相手も同じ方向に避けてしまい、ぶつかりそうになった。


大抵の人に共感していただけるかと思います。

ですが次のような事例ではどうでしょうか?


 同じく狭い歩道で、向こうから人が歩いてきた。

 自分は避けなかった。



このようなケース、共感できますか?


後者の場合、ほとんどの方は首を横に振るでしょう。

歩いているとき、皆さんはほぼ無意識に向かってくる人を避けたり、

立ち止まったりして接触を回避しているのではないでしょうか?



実はここが一番の論点になります。

普段、向かってくる人に対しては回避の行動を示す。

だが、それが歩きスマホをしている人であれば絶対に避けない。


これって、おかしなことだとは思いませんか?



意図的に避けないのは無駄な行為



「正義感で俺は避けないんだよ!コイツに危険だってことを教えてやりたいんだ!」

と思っている方は少なからずいると思います。


ですが、ハッキリ言ってこれは無駄です。

歩きスマホをしている人は、歩きスマホが危険だとよくわかっています。

逆にわからずに歩きスマホをしている人なんていると思いますか?



既にわかっていることを教えようと正義感で体当たりされても、歩きスマホをしている人の心には一切響きません。

それよりも、「危ないからやめてくれない?」などの警告の言葉の方がよく刺さるでしょう。

本当に歩きスマホは危ないからやめてほしいのであれば、声に出してハッキリと伝えるべきです。

ただ避けずに遠回しに伝えようとしても、もう一度言いますが無駄です。ムカつくだけです。

普通、遠回しに嫌味を言われたり、遠回しに怒られたりすると気持ち悪いですよね。そういうことです。


私ならこう対処する



私は、歩きスマホをする人をあまり危険だとは考えていません。

何故なら、いくら前方不注意であっても、結局は単なる歩行者です。

歩行者は自転車でも自動車でもありません、ただの歩行者なんです。

歩行者ってそんなに危険なものでしょうか。



歩きスマホをする人は、最初から進行方向がハッキリしています。

ですから、先に避けてしまえばいいんです。そうすればぶつかる心配はありません。


「何故俺が避けないといけないのか?」と思う方もいると思いますし、その気持ちもよくわかります。

けれども、さっきも言いました。


普段、向かってくる人に対しては回避の行動を示す。

だが、それが歩きスマホをしている人であれば絶対に避けない。



この考え方がおかしいんです。

歩きスマホをしている人でも、普通の通行人と思えばいいんです。

ですからいつも通り避ければいいだけです。

むしろ相手が回避の行動を取らない分、よっぽど避けやすいとは思いませんか。(取る人もいますが。)


私は普段、先に避けてしまいます。

そうすればぶつかりませんし、別に歩きスマホをしている人を脅威に思うこともありません。

一番危険なのは歩きスマホをしている人同士でぶつかることですが、それは自業自得ですので普通の歩行者には関係のないことです。



そもそも、前方不注意の原因が歩きスマホであるからいけないんです。

普通、道を歩くときずーっと前を向いて、常にぶつからないように注意しながら歩きますか?

自動車を運転しているわけではないですし、そんなことしてませんよね。

下を向いたり、髪を弄ったり、服を整えたり、周りの景色を眺めたり。

前方不注意になる原因は歩きスマホ以外にもたくさんありませんか?

歩きスマホはこの中の原因の1つであって、歩きスマホだけが特別危険っていうことでは無いです。

ずーっと下を向いている人も危険ですし、後ろを向いて友達としゃべりながら歩いている人も危険です。

他にも原因はたくさんあるのに、歩きスマホだけが誇張されて問題視されているのがおかしいと思います。

歩きスマホがダメなら、下を向いて歩くのもダメでしょう。

歩きスマホだけに怒りを覚えるのは間違っているのではないでしょうか?



本当に危険なもの



私が、絶対に許せないものは、スマホを見ながらの自転車、自動車の運転です。

これらは歩行者と違い、接触すると大事故になりかねません。

本当に問題視して取り締まるべきなのは、歩きスマホなんかよりコチラではないでしょうか。


あとがき



最後になりましたが、これは私個人の意見です。

決して歩きスマホを助長しているわけではありません。

歩きスマホをするなら、何があっても自己責任でするべきですね!



私自身怖いのは、少し地図を見たり、電車の時刻表を見たりしただけで、

アンチ歩きスマホの方から体当たりされることです
。(:3 」∠ )_



皆さんも用法容量を守ってスマホライフを楽しみましょう。


ではまた。




にほんブログ村 大学生日記ブログへ
プロフィール
大学生ブログランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

スポンサーリンク