【2020年版】PUBGのおすすめゲーム内設定まとめ【PC版】

PUBG

こんにちは。
今回はPUBG初心者の方々に向けて、おすすめのゲーム内設定をまとめていきたいと思います。
数々のプロゲーマーの配信をチェックしているPUBG観戦勢の筆者が、そこで見つけたいろいろな設定を紹介していきたいと思います。

  • PUBGが重いので軽くしたい
  • 敵が見えやすくなる設定は?
  • 撃ち合いで有利になれるような設定はある?
  • プロおすすめの設定にしたい

などの疑問に答えていこうと思います。

当記事は随時更新予定です。新しい設定項目が追加されたときは追記していきたいと思います。

スポンサーリンク

グラフィック

20191006083838_1

グラフィック設定はPUBGの設定の中で最も重要な項目です。
PUBGで重要な撃ち合いにおいて有利に出るためには、正しいグラフィック設定が欠かせません。

言語

言語設定

基本的には、日本語で大丈夫です。
特に初心者の段階であれば、各種アイテムの見た目や名前、効果などを全て把握していないと思うので、日本語でないと困ります。

ただ、好みで他の言語に変更するのはアリです。
中国語に関しては、方角がNEWSではなく東西南北で表示されるため、直感的に方角を理解したい方にはおすすめです。
↑無くなったみたいです。

Nvidia

ハイライト自動キャプチャ

キルシーンなどを自動で録画してくれるGeForce Experienceの機能です。
低スペックのPCだと重くなるので、GeForce Experience側でOFFにしましょう。
(GeForce Experienceの設定→ゲーム内のオーバーレイ:オフ)

ディスプレイ設定

ディスプレイモード

フルスクリーン推奨
フルスクリーンが一番軽いです。

解像度

1920×1080
言わずと知れたフルHD。
特に理由がない限り最初はこれで大丈夫です。

1728×1080
最近流行りのカスタム解像度です。
横に引き伸ばされるので、敵が大きく見えて弾が当てやすくなります
(あくまで体感なので当たり判定が変わるわけではありません。)

敵に弾が当てにくい人は一度試してみる価値はあると思います。
ちなみにプロの間では主流です。

1600×900
フルHDだと重い人はこれでもギリギリ大丈夫です。
ただ、これ以上下げるとかなり画面がボヤけるのでおすすめしません。

FPS上限値

ゲーム内は無制限で大丈夫です。
ちなみにスムーズフレームレートをオンにすると60FPSに制限されます。

輝度

モニターの明るさなどにもよるので、好みで設定しましょう。

マップの全体的な明るさ

マップごとに輝度を変えることもできます。

詳細設定

20191006083850_1

レンダリングスケール

いわゆる画面スケール。
簡単に言うと、解像度の倍率を変えることができます。
最大の120で1.2倍の解像度になります。

100未満にすると明らかに画面が汚くなるので、100~120の値で調整するのがベストです。

FPPモード視野角

視野の広さを変更することができます。
多くのサイトで視野角は最大103が推奨されていますが、これは間違いです。

確かに視野角を上げることで画面の端にいる敵を視界に入れることができます。
本来画面には映らないはずの敵を見つけることができるので、理論上は視野角最大が有利です。

ただデメリットとして、敵が小さく見えてしまうということが挙げられます。
敵が小さく見えるということは当然弾が当てづらくなるので、初心者の方が視野角を上げるのは全くもっておすすめしません。
そもそも画面の端が見えるようになったところで、例えば山の中を走っていて、遠くの方、しかも画面のギリギリ端に映っている敵に気づくことができるでしょうか。
PUBGをプレイしている方なら分かると思いますが、結構難しいです。
ましてや初心者の方だとなおさら厳しいでしょう。

よって、最初のうちは80~90の間で調整するのがおすすめです。
慣れてきたら徐々に上げるのもいいと思います。

ちなみに、視野角80で日本トップレベルになっている選手はいます。
(その選手曰く、視野を上げて画面端の敵を発見するよりも、目の前の撃ち合いに勝てる確率を上げたほうがいいらしい)

アンチエイリアシング

低いとグラフィックがギザギザ、高いとグラフィックが滑らかになります。
どちらが敵を見つけやすいかは人によるので、好みで選択していいと思います。

どれを選んでもFPSはほぼ変わりません。

ポストプロセス

FPSを上げるため非常に低い推奨

シャドウクオリティ

FPSを上げるため非常に低い推奨
最低設定でも影は表示されるので問題ありません。

テクスチャ

低くするとCPUの負荷が、高くするとGPUの負荷が高くなります。

CPUの性能が高い場合は低めに、GPUの性能が高い場合は高めに設定すれば大丈夫です。
よくわからなかったらとりあえず非常に低いにしておきましょう

エフェクト効果

FPSを上げるため非常に低い推奨

植生

FPSを上げるため非常に低い推奨

描画距離

FPSを上げるため非常に低い推奨
最低設定でも遠くの敵は表示されるので問題ありません。

鮮明度

オブジェクトの輪郭の描画などが変わります。
見やすさには個人差があるので、ON・OFF両方試してみるのをおすすめします

垂直同期

遅延が生じるため無効推奨。
FPSも60に制限されてしまうので、ONにする意味は無いです。

モーションブラー

FPSを上げるため無効推奨
3D酔いもしやすくなるので、ONにするメリットが全くない設定です。



オーディオ

PUBGは音を聴くことが重要なゲームです。
特に足音や銃声はよく聴こえるように設定しておかなければいけませんね。

サウンド

20191006092438_1

マスター

全体の音量です。
お好みで。

BGM

つけておいても特に問題ありません。

UI

お好みで。

ゲームプレイ

お好みで。

HRTF

無効推奨。
ONにすると、足音の方角が少しだけ分かりやすくなる反面、足音が聴こえづらくなってしまいます。

ボイスチャット

20191006092442_1

ボイス入力モード

プッシュトゥトーク推奨
ボタンを押している間だけ声が入るようになります。
常時 にすると雑音なども常に入ることになり、非常に迷惑なのでやめましょう。

ボイスチャットチャンネル

お好みで。
おすすめは チームのみ ですが、相手の声を聞きたくないなら 無し でもいいと思います。

マイクのボリューム

お好みで。

ボイスチャットボリューム

お好みで。



コントロール

マウス感度などは好みなので、自分に合うよう色々試してみるのがいいと思います。

マウス

20191006084132_1

マウスの動きを反転

無効推奨。

垂直感度倍率

よくわからなかったらとりあえず1にしておきましょう

その他のマウス感度

マウスのDPIなどと相談しながら自分に合うように調節しましょう。
プロの中でも、スコープごとに感度を変えている選手、すべて同じ感度にしている選手など、人それぞれです。

ちなみに、DPIを2倍にする = PUBGのゲーム内感度を15上げる らしいです。
チラっと耳にした話なので絶対正しいという保証はありませんが…

キー入力方法

20191006084219_1

好きなように設定しましょう。



キー設定

キー設定も人それぞれです。自分に合った設定を見つけましょう。
ここでは注意点をいくつか紹介します。

ジャンプ / パルクール

20191006084310_1

ジャンプとパルクールのキーは、画像のように分けておいた方が無難です
理由としては、

  • パルクールで部屋の中に入りたかったのに、ジャンプが出てしまって入れなかった。
  • ジャンプでオブジェクトの上に乗りたかったのに、パルクールが出てしまい乗り越えてしまった。

こういった問題が発生する可能性があるからです。

AIM / ADS

20191006084338_1

こちらはFPPをやる人限定ですが、ADSのみにしておいた方がいいです。(または、AIMとADSに別のキーを割り当てる。

まず、FPPではAIMはあまり使わないこと。
さらに、ADSのみにしておくことで覗くのが僅かに速くなる(噂)ことなどが挙げられます。

数か月前は間違いなく覗くのが速くなっていたのですが、少し前に試してみた時は違いがよくわかりませんでした…
いずれにせよFPPでAIMを使うことはあまりないので、AIMとADSの誤爆を減らすという意味でもキーは分けておいた方が無難だと思います。

プロの中でもADSのみにしている人は多くいます。



ゲームプレイ

ゲームプレイ設定には、PUBGをより快適にプレイするための設定項目が多く存在します。
地味ですがとても重要なので、必ず設定しておきましょう。

UI

20200305180410_1

インベントリ画面でキャラクターを表示

無効推奨。
インベントリを開くときに少し重くなります。

色覚調整モード

それぞれ血や照準の見やすさが変わります。
好みで変更しましょう。

2020/2/13更新:詳しくはこちらの記事にまとめました。

【PUBG】血の色やレティクルの色などを変更できる色覚調整の設定方法まとめ
PUBGで血の色やレティクルの色などを変更できる色覚調整について解説しています。各色覚の色を画像付きでまとめているので参考にしてみてください。

クロスヘアカラー

お好みで。

武器スロットHUD

ONにするとミニマップの左に自分の今装備している武器がすべて表示されます。
初心者のうちは特にONのほうがいいです。

マップズーム感度

お好みで。
ホイールを回したときにマップがどのくらい拡大縮小されるかが変わります。

ミニマップ彩度

お好みで。
ミニマップの鮮明度が変わります。

ミニマップ動的ズーム

お好みで。
ONにすると右下のミニマップの拡大率が車に乗った時などに自動で変わります。

キルログのタイプ

個人的にはテキストがいいと思います。

グラフィック にすると武器や気絶 or ダウンの表示がすべてアイコンになります。
これは武器の形をすべて覚えられていない初心者の人にとってはかなり分かり辛いので、最初はテキストでやったほうがいいです。

プロの間でも、アイコンだと気絶かダウンかが分かりにくいということでテキストにしている人は多くいます。

キルログ表示数制限

表示されるキルログの数を制限します。
たくさん表示したい場合は増やしましょう。

キルログからニックネームを非表示

無効推奨。配信者用の設定です。

相互作用可能な対象をハイライト表示

お好みで。
ONにすると、アイテムが重なって落ちているときに今どれにカーソルが合っているか分かりやすくなります。
ただ、普通重なっているアイテムを拾う時はインベントリから拾うので、特にハイライト表示される意味はありません。

コンパスの背景

高コントラストな背景になって画面上部のコンパスが読みやすくなるらしいです。
ただ、有効無効どちらも試したところまったく違いが分かりませんでした。
不具合の可能性もあるのでいずれ修正されるかもしれません。

ネットワークのデバッグ統計情報

有効推奨。
pingなどが画面に表示されるようになります。

オンスクリーンキーガイド

お好みで。
初心者のうちはキー操作が画面に表示されるので役に立つかもしれません。
慣れてきたら邪魔なのでOFFにしましょう。

アイテムの発光効果

お好みで。点滅は目がチカチカするので発光がおすすめです。

機能について

20200305180527_1

フリールックカスタマイズ

お好みで。
フリールックを解除した際に、画面が滑らかに戻るか一瞬で戻るかを変更できます。
個人的には一瞬で戻るのは気持ち悪いのでONのほうがいいと思います。

TPP時のAIMカメラ設定

お好みで。

オートリロード

個人的には有効推奨
弾が0発になったら自動でリロードされます。
別にリロード中でも武器を持ち変えたりできるので、正直OFFにするメリットが無いと思うのですがどうなんでしょう…

各種基本射撃モード

武器を拾ったときのデフォルトの射撃モードを設定できます。
とりあえずオートにしておけば問題ないですが、DMRは単発でもいいかもしれません。

サブ射撃モードというのは、オートがないM16A4などの武器の場合どの射撃モードにするかということです。

リプレイ

PCのスペックと相談しながら自由に設定しましょう。

リプレイ

お好みで。

デスカメラ

お好みで。



クラウド保存機能

20200305180603_1

設定画面の右下にあるクラウド保存機能では、アカウントごとに現在の設定を保存することができます。
パソコンを買い替えたりしてもPUBGの設定を引き継げるのでとても便利です。

まとめ

以上、PUBGのおすすめゲーム内設定でした。

PUBGの設定はかなり個性が出るので、誰かの設定を完全に真似するよりも色々試してみて自分に合った設定を見つけるのが一番いいと思います。

<その他のPUBG初心者向けの記事はコチラ>

PUBG初心者に贈る、ドン勝のための攻略記事まとめ
PUBG初心者向けの攻略記事をまとめています。キルが取れない、ドン勝ができないという方は参考にしてみてください。

コメント

  1. より:

    こんな昔の記事に対して言うのもあれだけどPUBGはADS視野角と腰撃ち視野角が違うから103でいいんだよ

    ドヤ顔で間違った情報垂れ流して恥ずかしくないの?
    大体「視野角80で日本トップレベルになっている選手」って誰だよ
    ただの実況者の事をトップレベルと勘違いしてんじゃねえの?

    初心者レベルの間違いを赤文字強調で話すようなやつだしTPSの事をFPSって言ってそうだな

    • matarin より:

      Crazysam選手です。
      昔言ってたことなので今は知りませんが。気になるなら本人に聞いてみては。

      ちなみにですがいちいち喧嘩腰でコメントしてる人間のほうがよっぽど恥ずかしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました