【PUBG】Sanhok(サノック)の立ち回り解説・攻略まとめ

PUBG

こんにちは。

PUBG初心者の方に向けて、人気マップ「Sanhok(サノック)」の攻略記事を書いていこうと思います。

  • Sanhok(サノック)の特徴
  • 各降下地点の危険度
  • 各降下地点での戦闘のコツ
  • 初心者におすすめの降下地点
  • Sanhok(サノック)の立ち回り・攻略

などをまとめています。

非常に長い記事となっていますが、Sanhok(サノック)での戦い方・立ち回りなどを知りたい初心者の方は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Sanhok(サノック)の概要

20200228161607_1

Sanhok(サノック)は、PUBG唯一の4×4のマップです。
小規模なマップのためスピーディーな試合を楽しむことができます。

Sanhokならではの特徴

スピーディーな試合展開に合わせるため、他のErangel(エランゲル)やMiramar(ミラマー)などの8×8マップとは異なった特徴が見られます。

物資が豊富

Sanhokでは物資の湧きがよく、特にAR(アサルトライフル)のスポーン率がかなり高く設定されています。
そのため、小さな集落でも十分に戦闘できるほどの物資を得ることが可能です

また、Sanhok限定の「QBZ」「QBU」などの武器も登場します。
クセが無く扱いやすいので、初心者には特におすすめの武器です。

安全地帯の収縮が速い

他のマップよりも安全地帯の収縮が速く設定されています
物資の湧きが多いため装備を整える時間は十分にあるので、これによって困ることはないでしょう。

全体の試合時間としては20分弱ほどになります。

戦闘が多い

マップが狭いので、当然戦闘も激しくなります。
撃ち合いの練習をしたい時にはとてもありがたいことですね。

Sanhokの地形構造

20200228161607_1 - コピー

SanhokはErangelと同様に、マップ全体が草木でおおわれています
起伏の激しい山や丘、渡るのが難しい橋、そしてたくさんの家屋が存在する、いわば何でもあるマップです。
初心者のうちは特に練習になるでしょう。

Sanhok(サノック)は全体として、3つの島に分かれています。

私は、Alpha島・Bravo島・Charlie島と呼んでいます。
人によっていろいろな呼び方があるかもしれませんね。

それぞれの島を行き来するには以下の手段を取る必要があります。

  • 橋を渡る
  • 泳ぐ
  • 船で移動する
  • Pai Nanを通る(B・C間のみ)

Alpha島

マップ北西に位置するAlpha島には、非常に起伏の激しい山がそびえています。
小さい島なのであまり人気がなく、Camp Alpha・Ha Tinh以外にはあまり人が集まりません。

このAlpha島に安全地帯が寄ったときは、地獄の橋渡りゲームが始まります

Bravo島

マップ東半分を占めるBravo島は、山や丘・集落が点在しています。
人は多いですが面積も広いので、自分の入るポジションというのは比較的見つけやすいと思います

大半の安全地帯はこの島に寄っていくので、とりあえずこの島にいれば問題ありません。

Charlie島

マップ南西に位置するCharlie島は、なだらかな丘が点在する平和な島です。
試合開始直後は人が多いですが、すぐに他の島に移動するケースがほとんどなので、人口はそこまで多くはありません

他の島へのアクセスもいいので、初心者にはおすすめの場所になっています。

Sanhokの詳細なマップデータ

より詳細なマップデータを知りたい方は、こちらのサイトを使ってみてください。
車両やボートの湧き場所まで見ることができます。すごい。

Sanhok
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS インタラクティブマップ(非公式). Datamined vehicle, boat, loot, weapon spawn locations.

スポンサーリンク



各降下地点の特徴・立ち回り解説

20200228161607_1 - コピー (2)

全21ヶ所ある、地名のついている街・集落ごとの攻略情報をまとめていきます。

各降下ポジションの危険度・特徴・立ち回りなどを解説していきます。
(危険度や平均降下人数はあくまで私の主観によるものです;;)

Camp Alpha

alpha
危険度:★★★☆☆
平均降下人数:2~6人

Camp Alpha(キャンプ・アルファ)はCamp系の中でも建物が少なく、比較的戦いやすいマップとなっています。
とはいえかなり交戦の激しい場所であることは間違いないでしょう。

北側と南側に大きめの2階建ての建物があるので、これらを確保しておくと戦闘が有利になるかもしれません。
(おすすめは南側です。北側の建物は見晴らしが少し悪いです。)

alphamap

オレンジで囲んだ集落にもたまに降りている人がいます。
ここに降りた人は高確率で外からCamp Alphaに参戦しに来るので、不意をつかれないように注意しましょう。
また、水色で囲んだ山からも狙撃してくる人がいるので、こちらも気をつけましょう。

逆に、Camp Alphaに人が多すぎていいポジションを取れそうにないと感じたら、これらの周りの集落に降りて後から参戦するのもいいですね。
特に左側の集落は高台になっており見晴らしがいいのでおすすめです。

Ha Tinh

hatinh
危険度:★★★☆☆
平均降下人数:3~8人

Ha Tinh(ハ・ティン)は家や倉庫の数が非常に多く、かなり多くのプレイヤーが集う危険な場所です。
真ん中の倉庫をぐるりと囲むように家屋が並んでいます。

hatinhmap

赤色で囲んだ倉庫地帯は特に交戦の激しい場所なので、初心者のうちは近づかないほうがいいでしょう。
その倉庫地帯の周りに並んでいるオレンジの家屋、ここで装備を整えるのがおすすめです。
特に北側の家屋はとても見晴らしがよく、倉庫で交戦している敵を一方的に撃つことができます

交戦に自信のない人は黄色で囲んだ集落に行くのもおすすめです。
物資の量も多いのでHa Tinhで戦っていくのには十分な装備が集まりますが、そのかわりたまに敵が来るので気をつけましょう。

Ha Tinhを外から眺めるときは、緑色で囲んだ北側・東側が少し斜面になっているので、ここで身を隠しながら覗きましょう。

また、水色で囲んだ場所にも本当にレアケースですが敵がいる可能性があるので、降下時にチェックしてみてください。

mini3 - コピー
右の島にセーフゾーンが寄った際は、この矢印のルートで泳いで入っていくのが比較的安全だと思います。

Khao

khao
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~5人

Khao(カオ)は、マップ最北端に位置する集落です。
家の数はけっこう多いですが、最北端なのでほぼ確実に安地から外れるためそこまで人気はありません。
すぐ南側にTat Mokがあるので、こちらも気をつけておきましょう。

khaomap

赤色の場所は敵がよく降りる場所です。Khaoでは2階建ての家屋が強いので、それらを確保できれば戦闘を有利に進められると思います

Khaoを外から眺めて撃ちたい人は、緑色で囲んだ東側の山やTat Mokから覗くのがおすすめです。
特に東側の山は注視してない人が多いので強いんですが、Khaoの構造上プレイヤーが西側に集まる傾向にあるので、もしかすると敵が見つからずに終了するかもしれません。

Khaoから脱出するときは、まっすぐ南に向かうとほぼ確実に敵が待ち伏せているので、水色の矢印のルートから抜け出すのがいいです。
基本的に安地から絶対外れるので、早めに脱出することを常に意識しながら立ち回るようにすると生存しやすいです。

Tat Mok

tatmok
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~4人

Tat Mok(タット・モック)は倉庫が2つと、その他ゴチャゴチャしたものから成り立つ小さな場所です。
Khaoの南側に位置しているので、見た目の割にはそこそこ人が来ます。
Tat Mokは比較的見晴らしがいい場所なので、交戦は実力勝負になることが多いです。
撃ち合いに自信がないと生き残るのは難しいかもしれません。

tatmokmap

Tat Mokでの交戦が終わったら、基本的にはKhaoから出てくる敵を待ち伏せする形になります。
緑色で囲んだ山を早急に確保して北側を抑えていきましょう。
(交戦が長引きそうなら、こっそり抜け出して先にこの山を確保しておくのも面白いです。)

DUOやSQUADの場合はオレンジで囲んだ家もついでに抑えておくと、よりKhaoの敵を狩りやすくなります。

逆にKhaoに攻め込む場合は、まっすぐ突撃するのではなく水色のルートから回った方が強いです。

Mongnai

mongnai
危険度:★☆☆☆☆
平均降下人数:0~2人

Mongnai(モンナイ)はマップ北東に位置する小さな集落で、木が大量に生えてる水辺があるのが特徴です。
物資が美味しくないので、かなり不人気の場所となっています。

mongnaimap

オレンジで囲んだ木が生えているゾーンは、物資が大してないくせに周りに敵がいた場合ボコボコにされるので、近づくメリットはほぼありません。

Mongnaiでは、黄色で囲んだ周りの集落を漁って安地に向かうのが基本となります。
たまに敵がいるので、漁ろうと思っている集落に近づく前に遠くからドアが開いていないかしっかりチェックしましょう。

Paradise Resort

paradise
危険度:★★★★★
平均降下人数:7~15人

Paradise Resort(パラダイス・リゾート)は、Sanhokの中でも特に多くの人が集まる激戦区です。
略してパラリゾと呼ぶ人が多いですね。

同じく激戦区のBootcampよりは人数も建物も少ないのが特徴です。

Paradise Resort 内部の解説

paradisemapcopy

Paradise Resortの中心となるのが赤色で囲んだ大きな建物です。
部屋がいくらかある1階と、バルコニー・屋根から成り立っています。
ここに直接降りてくるのはだいたい2・3人ですが、戦闘が長引くと周囲から敵が集まって来るので気をつけましょう
この建物で戦いたい場合は、少々パラシュート操作が難しいですが2階のバルコニーに直接降下すると比較的安全に物資を拾えるので個人的におすすめです。
(バルコニーに武器が無かったら外にダイブして祈りながら漁りましょう…)

オレンジで囲んだ横長の家は、隣の部屋同士のアクセスが悪く、ジリ貧の戦いになりやすいです。
隣に敵がいるとわかったらさっさと詰めて倒しにいきましょう

オレンジの建物を確保しておくと、ピンクで囲んだ無防備ゾーンで漁っている敵を一方的にボコボコにできるので強いです。

また、緑色で囲んだ2つの家周辺も激戦区になります。
ここは家の間や周りにも物資がたくさん落ちているので、家の中に入っていると多方面から狙われやすいです。
家の外で戦うほうがやりやすいと思います。

水色で囲んだ場所にはParadise Resort一帯を見渡せるとてもいい高台があるのでおすすめです。
ただ、たまに敵がくるのでその時は運に任せましょう。

Paradise Resort 周辺の解説

paradisemap

オレンジで囲んだ家・倉庫は、少し離れてはいますが結構敵がきます。
物資量が少なく運ゲーになりがちなので、あまりおすすめはしません(特に南東の倉庫)。

Paradise Resortは周囲の丘から見渡しやすい地形になっているので、緑色で囲んだ部分から偵察するのも面白いです。
特に北西の丘はなぜか人気があってだいたい敵がいるので、Paradise Resort内部で戦っている場合は気をつけておきましょう。



Camp Bravo

bravo
危険度:★★★★☆
平均降下人数:3~8人

Camp Bravo(キャンプ・ブラボー)は、Camp系の中で最も危険な場所です。
敵が多いのももちろんですが、マップの端に位置しているため安地から外れやすく、さらに周りが平たいので脱出も難しい、かなり上級者向けの降下場所のように感じます。

bravomap

赤色で囲んだ2階建ての建物はCamp Bravo全体を見渡せるいいポジションになるので、まずはこれらを確保することを意識しましょう。

外から侵入したい人は、オレンジの集落や、もしくは海辺の集落で物資を整えて突撃しましょう。
ただ、Camp Bravoはあまり外から攻撃する側が有利な地形になっていないので、南西の山で待ち伏せするのがいいかもしれません。

Camp Bravoから抜け出すときは、緑色の斜線の地帯は特に見晴らしがいいため、山に敵がいるとまず通れません。
なので、水色の矢印のルートから遠回りして脱出しましょう。
Khao同様に安地から外れやすい場所なので、常に脱出の事を意識して立ち回る必要があります

Bhan

bahn
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:0~4人

Bhan(バン)は、木でできた網目状の足場がある面白い地形をした場所です。
非常に小さな場所ですが、その独特な地形からかなぜか行きたがる人がいるため、割と交戦が発生します。

地形的には谷になっており、東西の山から撃たれ放題なのでめちゃくちゃ弱い場所です
自らここに降りるメリットはほぼありません。

ただ、戦闘がスピーディーに終わるので、脱出も早めにできればいい山をポジション取りすることができます。

bhanmap

オレンジの集落に降りた人たちは、緑色で囲んだ山からBhanの敵を好き勝手に撃つことができます。

1回上から見つかってしまうともう脱出はほぼ不可能になってしまうので、できるだけ最初の交戦や物資確保を素早く終わらせて、山に抜けていく必要があります。

ただ、Bhanの中にいる敵はその網目状の足場のせいで上からだと見つけづらいです。
山に敵がいてどうしても脱出しにくい状況になってしまった場合、中心付近に隠れていれば意外とバレずに済むかもしれません。

Lakawi

lakawi
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~4人

Lakawi(ラカウィ)は東側の海岸に面した集落で、建物が非常に少ないのが特徴です。
見た目に反して物資量はそこまで少ないわけではありません。

lakawimap

Lakawiでは赤色の家が圧倒的に強いので、ここを確保できるかどうかが勝負の分かれ目です。
この家を取ることができれば、水色の海岸地帯の敵は撃ち放題になります。
パラシュートで被らせてでも無理やり取りにいくか、倉庫で武器を拾って即突撃しましょう。

オレンジで囲んだ集落にもよく敵が降りているため、Lakawiでの戦闘を長引かせるのはあまりよくありません。
特に緑色の山を確保されてしまうとどこにも逃げられない状況になってしまうので、戦闘はスピーディーに終わらせて早めに脱出しましょう。

Bootcamp

bootcamp
危険度:★★★★★
平均降下人数:10~20人

マップど真ん中に位置するBootcamp(ブートキャンプ)は、Sanhokの中でも一番人気の降下地点になっています。
略してブーキャンと呼ばれています。

各camp系マップが一回り大きくなったような場所であり、さらにおまけの3連倉庫がくっついています。

Bootcamp内部の解説

bootcampmap

まず、赤色で囲んだ「Y字」と呼ばれる建物がBootcampの中心です。
コの字1階・2階・屋上と、射撃場1階・屋上の5つの地帯から成り立っています。

どこの場所も満遍なく人が来るので、ここが穴場というポジションはありません。
比較的戦いやすいのはコの字の2階なので、まずはここを制圧していきましょう
少々ずるいですが、ドアを閉めて部屋の中で待ち伏せしていると高確率で刺さります。

次に、「Y字はちょっと…」という人が集まるのが緑色で囲んだ2階建ての建物です。
これらもかなりの敵がくるので厳しい戦いになります。
ただ、確保できるとBootcamp一帯を見渡せるいいポジションになります。

また、黄色で囲んだ2連倉庫も交戦ポイントです。
よくある他の倉庫と違ってまわりにしっかり壁がついているので、交戦中に他から撃たれるのが嫌だという人にはおすすめの場所です。
この倉庫の角にあるオブジェクトに登ると、上の穴から頭だけ出して外を撃てるのでとても強いです。
ただ一度バレると途端に弱くなるので、長居は禁物。

さらに、Bootcamp北側には水色で囲んだ3連倉庫がくっついています。
こちらも理不尽に倒されることが少なく撃ち合いの練習になるのでおすすめです。

残念ながら入るポジションが見当たらず、Bootcampから追い出されてしまった人はピンクの集落に行きがちです。
たまにいるとかではなくそこそこの確率で敵がいるので、しっかり警戒しておきましょう。

Bootcamp外部の解説

bootcampmapcopy

Bootcamp外部には山が多く、出てくる敵を狩りつくそうと悪い人たちが待ち構えています。
特にオレンジで囲んだ山は南のPai Nanから抜け出した敵、黄色で囲んだ山はParadise ResortやKhao・Tat Mok、Ha Tinhなどから南に下ってきた敵が集まります。

水色で囲んだ山はたまに敵がいますが、距離がそこそこ遠いのであまりBootcamp側を見ていないことが多いです。

緑色で囲んだ海岸はBootcampへの見晴らしがとてもいいので強ポジなんですが、西側から撃たれ放題になってしまうのであまり敵が居座ることはありません。
ここは、北西の島が安地から外れた時、もしくはBootcamp自体も安地から外れた時に、Bootcampに寄り道してから安地に向かおうとするプレイヤーが多く通る場所になります。
そういう安地になったときはこの場所も警戒しておきましょう。

つまり、Bootcampから脱出するときは安地の状態によってそれぞれの山の敵の密集度が変わってくるので、それを考慮したうえで動く必要があります



Quarry

quarry
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~5人

Quarry(クァーリー)は、Sanhokのマップの中で最も面積の大きい場所です。
その大きさとは反対に、物資は漁りづらく交戦もしづらいのであまり人気はありません。

quarrymap

まず、緑色の窪地に降りるのはおすすめしません。
物資が非常に漁りづらいこと、上にいる敵にバレるとほぼ終わりなことから、かなり微妙なポジションです。

基本的に上に降下するのがおすすめですが、赤色の場所はよく敵が来ます。
オレンジの場所も、赤色の場所を避けたいプレイヤーに人気のイメージです。

Quarryは上と下の交戦はよく発生しますが、上と上の交戦はあまり発生しないことが多いので、敵と被らないことを意識して降下すれば安全に物資を確保して抜け出せると思います

ちなみに黄色の矢倉周辺は窪地に対して強く出れるのでおすすめのポジションです。

Kampong

kampong
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~5人

Kampong(カンポン)は、マップ南東に位置する集落です。
大きめの家が多く戦闘しやすくていい場所なんですが、立地的な問題なのかあまり人気はありません。
安地が大きく外れた時に、索敵が難しいQuarryや見通しの悪い山などを通過する必要があります。

kampongmap

まず、赤色で囲んだ家や倉庫はあまりおすすめしません。
北側の家は敵がだいたい来ます。Kampongは広いのでわざわざ家を被らせるメリットはないです。
真ん中の家は見晴らしはいいですが、多方面を警戒する必要があるので難しいです。
南側の倉庫は、北東の家から撃たれ放題なので微妙です。

初心者におすすめしたいのは、オレンジで囲んだ家です。
あまり敵が来ないのと、一方向しか見なくていいのでそこそこ戦いやすくなっています。

Kampongを外から覗きたいときは、緑色で囲んだ山が抜群に強いです。
この山に向かうためにはほとんど障害物の無い場所を走っていく必要があるので、撃ち放題の環境を作ることができます。

逆にKampongから脱出するときは水色矢印の北側ルートがおすすめです。
Kampongが安地から外れるときは北側の山も安地から外れることがほとんどなので、そもそも敵がいないことが多いです。
ただもちろん西側に敵がいた場合は射線が通るので、その場合はさらに海岸側を遠回りしましょう。

また、Docksを抜け出した敵は黄色の矢印の海岸ルートを通ってくることが多いです。
Kampongに降りるときは必ずDocksに敵がいるかどうかも確認しておきましょう

Cave

cave
危険度:★☆☆☆☆
平均降下人数:0~2人

Cave(ケーブ)は上に大きな穴が開いた洞窟であり、他のマップにはない面白い地形をしています。
開幕に落下死のログが流れていた場合は、おそらくこの場所でパラシュート降下をミスった人でしょう。

cavemap

Caveに侵入できる穴はオレンジで囲んだ3ヶ所あるので、パラシュートにとても自信のある人以外は素直に横の穴から入りましょう。

Caveに降りるときに特に注意しておきたいのは赤色で囲んだ集落です。
ここに降りている人は間違いなく「Caveあとから侵入勢」であり、上の穴もしくは横の穴からひっそりと入ってきて悠々と漁っている敵を倒しにくるので、絶対に警戒しておきましょう

やむを得ずボートで脱出する場合は、水色のルートを通ってボートに乗る時間を最小限にとどめましょう。
ボートは音が大きいので、敵に気づかれたら当然めちゃくちゃ撃たれます。

北に安地が寄った場合は東側の海からボートで北に回りたいところですが、Docks、Kampong、Lakawiと3連続で危険地域を通る必要があるのであまりおすすめはしません。

Docks

docks
危険度:★★★★☆
平均降下人数:3~8人

Docks(ドックス)はSanhokの南東に位置するマップで、狭い場所にもかかわらず多くのプレイヤーが集まる激戦区です。
チームデスマッチのマップにも参戦しています。

docksmap

Docksは基本的に実力でバチバチに戦うマップになります。

赤色の倉庫と黄色の倉庫は片方に壁がついていません。
特に、赤色の倉庫は海岸からの射線も通ってしまうのでかなり弱いポジションになります。

オレンジの倉庫は両側に壁がついているので、倉庫に降りたい場合はここがおすすめです。

海岸側、特に船に降下する場合は、敵と被ると運ゲーが始まってしまうのでそこは理解しておきましょう。

また、Docksは他の集落などからかなり離れた位置にあるので、わざわざ外からDocksまで敵を倒しに来る人はあまりいません。
なので脱出は比較的容易だと思います。

Pai Nan

painan
危険度:★★★★☆
平均降下人数:4~10人

Pai Nan(パイ・ナン)は、「BootcampやParadise Resortはちょっと…」という人がよく集まる交戦スポットです。
2つの島にまたがっているのでムーブがしやすく、物資もおいしいので人気がある降下場所ですね。

painanmap

赤色の建物はよく敵が来る場所です。
初心者のうちはこれらを避けた方が無難でしょう。

Pai Nanに橋は2つかかっていますが、東側にも少し外れた位置に水に入らずに対岸に渡れるところがあるので、橋は黄色で引いた線の実質3つですね。

水色の場所は屋根に上ることができます。
かなり強いので積極的に使っていきましょう。
逆に、対岸にいる場合は注意しておきましょう。

また、Pai Nan周辺のオレンジの集落にもよく降りている人がいます。
特に外側のプレイヤーに緑色の山を確保されるとかなり不利になってしまうので、気をつけましょう。

Ruins

ruins
危険度:★★★★☆
平均降下人数:4~10人

Ruins(ルインズ)は遺跡とも呼ばれ、そこそこの人が集まる激戦区です。
構造がかなり複雑なので、人によって好き嫌いが分かれやすいマップですね。

ruinsmap

Ruinsは1階・2階・屋上の3層構造になっています。
足音を聴き分けるのが難しいので、どんどん詰めて戦う姿勢が大切になります。

1階

1階は、細い道と2階への階段があるだけです。
一応物資も落ちていますが、明らかに戦闘に適していない場所なので人はほぼ来ません。
Ruinsに慣れていない人はまずはここから始めてみましょう。

2階

2階はかなり複雑な構造に見えるのですが、3×3で9つの部屋があるだけです。
(正確には小さい部屋が少しあるので9部屋ではないですが)
頭の中に3×3のマス目を描いていれば迷子になることはないと思います。

中央の部屋には屋上へ上れる階段があります。

屋上

パラシュートで直接降下するか、2階の階段から上る、または2階の外からレッジグラブで上ることができます。
屋上はかなり有利なポジションなので、2階から戦う時はチラっと頭を出してきたところを確実に撃ち抜く必要があります。
そのため、敵の位置をしっかり把握しておきましょう。

2階から屋上に上りたいときは、水色で囲んだ角の部分に黒いオブジェクトがあるので、それに少し隠れる形で上るのがおすすめです。

周辺

外側の黄色の集落などにも敵がいることがあるので、気をつけておきましょう。

緑色で囲んだあたりは、Ruinsに対して身を隠しながら射撃ができる強ポジなので警戒しておく必要があります。

また、時間と安地によりますが、Tambangで漁り終わった敵がRuinsに寄り道しにくることが多いので、それも注意しましょう。



Tambang

tambang
危険度:★☆☆☆☆
平均降下人数:0~2人

Tambang(タンバン)はマップ南西に位置する小さな集落です。
家4軒がある上層と、海岸の下層に分かれています。

tambangmap

Tambangでは、家がある赤色の地帯のほうが高さが上になっているので海岸側よりも強いです。
まずはこの家を確保しましょう。

海岸側から家に攻め込む場合は、緑色の矢印のように南北方向から攻めるのが強いです
基本的に家にいるプレイヤーは西側を警戒していることが多いので、北や南からの侵入は意外と刺さります。

パラシュートの段階で赤色の家を確保できないと判断した場合は、オレンジの集落に降りるのもおすすめです。

Na Kham

nakham
危険度:★☆☆☆☆
平均降下人数:0~2人

Na Kham(ナ・カム)は、Mongnaiと並ぶほどの人気のない降下場所です。
2つの倉庫と、その周辺の集落から成り立っています。

nakhammap

Mongnaiの場合は交戦が発生せずにそれぞれ安地に向かう場合もありますが、Na Khamではオレンジで囲んだ降下ポイント同士の距離が近いので、だいたい交戦になります。
敵の降下場所をよく見て、敵がまだ漁ってるであろうタイミングでさっさと詰めて倒すのがいいと思います。

Sahmeeに寄り道する場合は、緑色の山を取るとSahmee全体が見渡せるのでおすすめです。

Sahmee

sahmee
危険度:★★☆☆☆
平均降下人数:1~5人

Sahmee(サーミー)は、Sanhokの中でもトップクラスに家が多い集落で、入り組んだ複雑な構造をしています。
安地へのアクセスが悪いのでそこまで人気はありません。

sahmeemap

2階建ての建物があまりにも多いので、どこに降りても物資に困ることはありません。
その中でも赤色で囲んだ家などは周囲が見渡しやすいのでおすすめです。

オレンジの部分にある屋根に上ると、矢印の方向を見渡すことができます。

緑色の山はSahmee全体を見渡せるポジションです。
ここを敵に取られている場合は、黄色の矢印のルートから脱出しましょう。
山から南側は見づらいので割と簡単に抜け出せます

あえて山側に詰める場合は、水色のルートを通って攻めるのがおすすめです。

Camp Charlie

charlie
危険度:★★★★☆
平均降下人数:3~8人

Camp Charlie(キャンプ・チャーリー)は、Camp系の中でも建物の密集度が高いのが特徴です。
すぐ南側にBan Taiがあります。

charliemap

Camp Charlieには2階建て・3階建ての建物がかなり多いです。
赤色で囲んだ建物はよく敵がきて危険なのですが、何せ数が多いのでどこかしらを確保するのは簡単だと思います。
そのため、小さい建物にわざわざ降りる必要はありません。

それでも敵が多すぎて入れなかった場合は、西側のオレンジの集落に降りるのもいいです。
ただここも結構敵がくるので油断は禁物です。

Ban Taiに降りたプレイヤーは緑色の山を確保してくることが多いです。
ここを取られると結構厳しいように感じますが、安地が北に寄ったとき苦しいのはBan Tai側のプレイヤーなので、あえてスルーして後で返り討ちにしてしまいましょう

Camp Charlieから脱出するのは比較的簡単ですが、すぐに東の島に渡る場合は水色のルートで泳いでいくのがおすすめです。
黄色のバツ印の場所で敵が待ち伏せしていることが多いので、橋を渡るのはそこそこ危ないです。

Ban Tai

bantai
危険度:★☆☆☆☆
平均降下人数:0~2人

Ban Tai(バン・タイ)はCamp Charlieの南側に位置する小さな集落です。
Camp Charlieに後から侵入していく勢が集まります。

bantaimap

あまり敵が来ないかつ建物が少ないので、交戦に関して特に解説することはありません。
強いて言うならば、たまにオレンジの場所に敵がいるので気をつけておきましょう。

Ban Taiに降りる場合、いかにCamp Charlieの敵をうまく倒すかが重要になります。

Camp Charlieが安地に入っていた場合は、緑色の矢倉を確保しましょう。
このときCamp Charlie側だけ警戒するのもいいですが、まれにCamp CharlieからBan Taiに逆に攻めてくる人がいるので、左や右後ろも注意しておきましょう

Camp Charlieが安地から外れた場合、まっすぐCamp Charlie側に進むのではなく、黄色の矢印のルートで回り込みましょう。
このとき出発が遅れるとCamp Charlieのプレイヤーに逆に待ち伏せされてしまうので、なるべくスピーディーに移動することを心がけましょう。



Sanhok(サノック)での立ち回り解説

20200221181609_1

Sanhokでは、ErangelやMiramarとは異なる立ち回りが必要とされます。
Sanhokで戦う上でのコツなどを解説していきます。

全ての行動をスピーディーに行う

他のマップよりもセーフゾーンの収縮が速いため、全ての行動を早め早めに行っていく必要があります。
物資の湧きが豊富なので、ある程度の物資が集まったらそれ以上無駄に漁ることはせずに安地に向かう、集落での交戦が長引きそうならさっさと脱出して安地に向かう、などといった行動がドン勝に繋がります。

車での移動をなるべく避ける

ErangelやMiramarでは、車で大きく移動してポジション取りを行うムーブが基本となっています。
ですがSanhokの場合は敵が密集しているので、車で移動するのはかなり危険を伴います
マップは狭いため歩いて移動しても間に合うことが多いので、なるべく車を使う頻度は減らした方がいいです。

ただ例外として、既にブルーゾーンに呑まれていて急いで安地に入る必要がある場合は使うのもアリです。
その場合でも、移動音の小さいRonyや、移動が速いスクーターなどの乗り物を使いましょう
トゥクトゥクはとんでもなく弱いです。

漁夫の利に注意する

Sanhokでは銃声を鳴らすと基本的に敵が寄ってくると思っていいです。
目の前の敵との交戦が終わったらすぐに周囲を警戒しましょう
敵の物資を漁る場合は、伏せるなりスモークを焚くなりしておいたほうがいいです。

逆に、近くで銃声が鳴っていたらとにかく詰めて倒しにいくのが強いです。

安全地帯中央を確保する

これだけは他のマップと同じで、セーフゾーン中央を積極的に取りにいくムーブが強いです。
特にSanhokの場合、安地中央の草の中に伏せるのが非常に強力です。
陰キャ戦法に抵抗のない人は使ってみましょう。

また安地の予測も重要で、特に北西の島になる可能性がある場合は先に渡っておくといいでしょう。
北西の島は後から渡ってくる敵を抑えやすいので、先に上陸しておくことは大きなアドバンテージになります。



初心者におすすめの降下地点

20200221181348_1

ドン勝を取りたい初心者の方々に特におすすめの降下地点をまとめてみました。
あまり撃ち合いに自信のない人向けのリストになっています。

地名のついている場所に降りたい人・少しは戦いたい人向けのおすすめ降下地点

Tambang

tambang

Tambang(タンバン)は家の数が少ないので戦いやすく、初心者におすすめの降下ポジです。
物資が少ないイメージがありますが、安地中央に向かうまでに小さな集落がたくさんあるので大丈夫です。

Camp Alpha側に安地が寄ったときにアクセスしやすかったり、激戦区Ruinsに横からちょっかいをかけたりできるので、立地的にはいい場所だと思います。

Ban Tai

bantai

Ban Tai(バン・タイ)はCamp Charlieの南側に位置しており、横から敵を撃つのが好きな人に特におすすめの降下地点です。
こちらもCamp Charlieが近くにあるので物資的には十分な場所です。

安地から外れると結構大変ですが、ある意味ムーブの練習にもなります。

Kampong

kampong

Kampong(カンポン)は、家屋戦をしたい人におすすめの降下地点です。
似たような場所にKhaoやSahmeeなどがありますが、一番安地へ向かうのが簡単だと感じるのがこのKampongですね。

家と家の間に道路があるのでそこまで密集度が高くなく、割と戦いやすい場所だと思います。

どんな手を使ってでもドン勝したい人向けのおすすめ降下地点

Quarry南東の集落

mini1
この集落は、家の数が多いわりに敵が全然こないのでいい降下場所です。
仮に敵が来たとしても、平坦な地形のおかげでとても戦いやすくなっています。

北の高台の集落

mini2
この集落は高台になっており見晴らしがいいので、索敵や次の移動がやりやすいなどのメリットがあります。
近くに集落が多くあるので、物資不足なら漁りながら歩くことが出来ます。

ただデメリットとしてたまに敵が来ます。

Ha Tinh南東の集落

mini3
この集落は安地がどこによっても比較的アクセスしやすいのがメリットです。
東の島に寄った場合は海を泳いで、南西の島に寄った場合はそのまま南に下るなどして移動できます。
周囲の見晴らしがいいので、索敵が苦手な人にもおすすめです。

Paradise Resort南西の集落

mini5
パラリゾにちょっかいをかけたい人にはおすすめの降下地点です。
家の数の割にはあまり敵が来ません。

マップ中央に近いので、安地がどこによっても移動が楽なのもいいですね。

Bootcamp南西の集落

mini6
個人的なイチ押しはここです。

この集落は3つの島のちょうど境界に位置しているので、どんな安地でも柔軟に対応することができます。
よく使われる2つの橋を抑えることのできる場所なので、検問に最適です。

万が一敵が来たとしても川を挟んで2つに分かれているので敵と家が被りにくく、入り組んでいないので索敵もしやすいです。



まとめ

以上、PUBGのSanhok(サノック)における立ち回り解説や攻略でした。

ここで書いた内容はあくまで私個人の考えなので、もし自分なりの強い方法を思いついた場合はどんどん試してみてください。

Sanhokは初心者でもドン勝しやすいマップだと思います。
この記事がそんな初心者の方々の助けになれば嬉しいです。

がんばってください!

<その他のPUBG初心者向けの記事はコチラ>

PUBG初心者に贈る、ドン勝のための攻略記事まとめ
PUBG初心者向けの攻略記事をまとめています。キルが取れない、ドン勝ができないという方は参考にしてみてください。

画像の出典:【開発】 Sanhokのテストを終えて

コメント

タイトルとURLをコピーしました