音ゲー用のおすすめ同時押しキーボードは5000円で買えるこれ一択【BFKB109UP1】

音ゲー

こんにちは。

今回は、私が使っている音ゲー用のキーボード「BFKB109UP1」のレビューをしたいと思います。

音ゲー用のおすすめのキーボードを探している方に、ぜひ使ってみてほしいキーボードです。

スポンサーリンク

音ゲー用キーボードの選び方

computer_keyboard

キーボードを使うPCの音ゲーは、思いつく限りで以下のようなものがあります。

  • BMS・発狂BMS
  • osu! taiko・osu! mania
  • 太鼓さん次郎
  • StepMania

(もちろん他にもマイナーな音ゲーはたくさんあります。)

これらの音ゲーで使えるキーボードの選び方を解説していきます。

複数同時押し対応(Nキーロールオーバー)

まず、音ゲー用のキーボードとして必須の機能が「Nキーロールオーバー」です。

2キーまで同時押し可能 → 2キーロールオーバー
3キーまで同時押し可能 → 3キーロールオーバー

つまり、Nキーロールオーバーは何キーでも同時押し可能というわけですね。

通常のキーボードだと3キーまでしか同時押しに対応していないことが多く、BMSなどの最大8キーまでの同時押しを行う音ゲーの場合だとまともに遊べません。

キー数が多い音ゲーをプレイする場合は、Nキーロールオーバーは必須機能です。
特にBMSやosu! maniaをやる場合は絶対に複数同時押しができないとダメですね。

ただ、太鼓なら必要ないかもしれません。

打鍵感

キーボードの押し心地も重要なポイントです。

  • キーが重い:腕が疲労する/速い譜面に追いつかない
  • キーが軽い:押したつもりがないのに反応してしまう/二重反応が起こる

重すぎず軽すぎずのキーボードを選ぶ必要があります。

耐久性

音ゲーをする場合は当然キーを叩く回数が多くなるので、キーボードの耐久性にも気をつけましょう。
私が以前使っていたキーボードは耐久性が微妙だったので、1年ぐらいでキーボードに穴が開きました…

1000万回以上の耐久力は欲しいですね。

静音性

押したときの音が静かなキーボードがいいという人もいると思います。

ですが、どんなに静かなキーボードを買っても音ゲーをやると自然に力が入ったりするので絶対に音が鳴ります。
むしろ、イヤホンをしていても少しぐらいキーボードの音が聴こえてくれた方が精度が取りやすいです。

個人的に、静音性を重視する必要はほぼないと思います。



BFKB109UP1の特徴

DSC_0063
↑ちゃんと買ってレビューしていることを伝えるために一応写真を貼っておきます(笑)

さて、ここまで音ゲー用のキーボードの選び方を説明してきました。

まとめると以下の通りです。

  • 複数同時押し対応(Nキーロールオーバー)
  • 押し心地がいい(重すぎず軽すぎず)
  • 耐久性が高い

これらの必須項目をすべて満たして、なおかつ5000円で買えるキーボードがビットフェローズの「BFKB109UP1」です。

複数同時押し対応(Nキーロールオーバー)

このキーボードはUSB接続ですが、しっかり複数キー同時押しに対応しています。

どこぞの情報によると、「USB接続だと6キーまでしか同時押しできない」「複数同時押しできるのはPS/2接続のキーボードのみ」と書かれていますが、全然そんなことはありませんでした。

ためしに、KeyboardCheck というソフトで同時押しチェックをしてみました。

bandicam 2020-03-03 17-09-34-900

手のひらでべちゃ押ししているので物理的にこれ以上のキーは押せませんでしたが、無事に複数キー同時押しができているのがわかりますね

一部の範囲しか同時押しできないキーボードも中にはあるんですが、このBFKB109UP1はどこを押しても同時押しが可能となっています。

打鍵感がとてもいい

Amazonのレビューを見る限りでは、メカニカルキーボードで言うところの赤軸茶軸に近い打鍵感らしいです。
(私はメカニカルキーボードを使ったことがないのでよくわかりませんが…)

押し心地はとてもいいように感じます。

製品紹介にもあるとおり斜めから押されてもキーがブレないので、激しくキーを叩く音ゲーにも最適があることがわかります。

キーの重さですが、例えるならふくらはぎを押したときのプニプニ感に近いですね(例えが悪すぎる)。

耐久性が高い

なんとBFKB109UP1は、キー1つあたり2000万回の耐久性能を誇ります。

私は発狂BMSプレイヤーなのですが、平均3000ノーツの譜面を半年間ほぼ毎日50曲ほど叩き続けてもいまのところキーボードはピンピンしてます。なんの不調も現れていません。

キーボードの耐久性は信頼できるものだと思います。

ただ残念ながら、キーボードの印字はすさまじいスピードで消えます。これは仕方ない。

Windowsキーロック機能がある

左右のWindowsキーを2秒間同時押しすると、Windowsキーをロックできます

私は左下のWindowsキー付近をよく押すので、まれにWindowsキーを間違えて叩いてしまうことがよくありました。
(Windowsキーを押すとスタートメニューが開くので音ゲーに支障をきたします。)

以前はソフトを使ってこれを防止していたんですが、キーボードのデフォルト機能でWindowsキーをロックできるのはありがたいですね。

5000円は安すぎる

通常、Nキーロールオーバー対応のゲーミングキーボードは10000円近くするものがほとんどです
FPSなどのゲームをやるならまだしも、音ゲーのためにそこまで払えるのかという問題があります。

ですが、このBFKB109UP1はたったの5000円です。
万が一耐久に限界がきて買い替えることになっても、この値段ならありがたいですね。



発狂BMSでの使用感

せっかくなので、BFKB109UP1で発狂BMSをやってみました。

まあいつもこのキーボードでやってるんで特別感はないですが…

全押しが何度かありましたが、普通に反応してるのがわかると思います。

発狂BMSぐらいのノーツ密度になっても、特に不自由なくプレイできています。
無反応・二重反応などもなく、押し心地もGOODです。

イヤホンをすると打鍵音がちょっとだけ聴こえるかな?ぐらいです。



まとめ

以上、音ゲー用のおすすめ同時押しキーボード「BFKB109UP1」の紹介でした。

音ゲープレイヤーにとてもおすすめしたいキーボードなので、ぜひ使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました