ブログ記事の文字数に目安はありません【少なくてもOK】

ブログ

こんにちは。

今回はブログを書いていくうえで重要な「文字数」について解説していきたいと思います。

  • 記事の文字数はいくらが目安?
  • 記事は長ければ長いほどいいの?
  • 1000文字以上は必須って聞いたけど本当?

こういった疑問・悩みに答えていきます。

スポンサーリンク

ブログ記事の文字数に目安はありません

note-3047435_1280

いきなり結論から言いますと、ブログ記事の文字数に目安はありません。

1000文字や2000文字、3000文字、ましてや500文字や10000文字でもいいです。

  • 必ず1000文字以上書いた方がいい
  • 2000文字~3000文字におさめるべき
  • 多ければ多いほどいい

といった意見がありますが、これらは全てウソです。

その理由を今から解説します。

文字数が多くてもSEOに有利になるわけではない

文字数が多くても、SEO的に有利になるわけではありません。

これについてはGoogleが公言しています。

From our point of view, we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says “Oh, everything until 100 words is bad. Everything between 100 and 500 is fine, and over 500 needs to have five pictures.”

We don’t look at it like that. We try to look at the pages overall and make sure that this is really a compelling and relevant search results to users. And if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not. That’s essentially up to you.

引用元①:English Google Webmaster Central office-hours hangout
引用元②:【2020年最新】文字数とSEO対策の関係とは?おすすめの文字数を解説

要約すると、Googleの検索アルゴリズムでは文字数をカウントして評価しているのではなく、ユーザーにとって本当に価値の高いものが検索上位にくるようになっています。

つまり、文字数が適切だからといって検索上位に表示されるわけではないということです。

文字数よりもコンテンツの価値

考えてみるとこれは当たり前のことです。

例えば、「香川県 ゲーム規制」と検索するとしましょう。

その場合、次のどちらの記事が上位に表示されるでしょうか?

  1. 香川のゲーム規制条例について2000文字でまとめた記事
  2. 香川のゲーム規制条例についての個人的な意見を10000字書いた記事

実際に調べてみるとわかりますが、1の記事が上位に表示されますね。

これは何故かというと、「香川県 ゲーム規制」と調べたユーザーはあくまでゲーム規制条例の内容が知りたいだけであって、別に個人の意見を見たいわけではないからです。

このように、ユーザーにとって価値のある情報が優先的に選ばれるため、ただ単に文字数が多ければいいというわけではないんですね。



文字数は気にしない。少なくてもOK

keyboard-338513_1280

ここまでで、ブログを上位に表示させるために文字数は重要ではないことがわかりました。

もし今ブログをやっていて、「5000文字以上絶対越えるために頑張っていた」とか「3000文字を目安にしていた」などの習慣があった人は、すぐにやめたほうがいいと思います。

ブログを書いていくうえで、文字数を気にするのはデメリットばかりです。

1000文字以下でも大丈夫な理由

ブログの記事は、極論1000文字以下になってしまっても大丈夫です。

例えば、「○○ラーメン レビュー」で検索をするユーザーがいたとします。

これに対する記事は、

  • 画像を貼る
  • ラーメンの感想を書く
  • おすすめの食べ方・トッピングなどを紹介する
  • 店の情報や値段を掲載

たったこれだけで終わりです。

よほど複雑で細かい感想を書かない限り、1000文字以内にはおさまる内容ですよね。

ユーザーはこれ以上の情報を求めていませんし、余計な情報をつけすぎても逆にユーザーの途中離脱率が上がって検索順位が落ちてしまいます。

このように、1000文字以内で書くことができる内容は、無理やり2000文字、3000文字と引き伸ばす必要はありません。

ここで文字数を気にして1000文字以上になるように頑張ってしまうと、それはSEO的には逆効果になってしまうわけですね。

文字数に縛られてしまう

文字数を気にしすぎると、文字数に縛られて自由な記事が書けなくなってしまいます。

A,B,C,Dすべての情報を読者が求めているのに、「文字数が多くなりすぎるとヤバいかな…」と考えてA,B,Cだけに絞ったり、もちろんその逆もありえます。

とにかく文字数は気にせず、しっかりと必要な情報だけを盛り込んだ記事を作成するように心がけましょう。

読者のことをしっかり考えて記事を書いていれば、文字数も適切なものにおさまるはずです。



読者のニーズを満たすことを優先しよう

kindle-1867751_1280

ブログ記事を書くことにおいて一番大切なのは、読者のニーズを満たすことです。

読者の満足度が上がれば上がるほど、検索順位も高くなっていきます。

検索順位が高いほど文字数も多い

一般的に、検索順位が高い記事ほど文字数も増える傾向にあります。

別に文字数が多いから検索順位が高いわけではありません。

これは何故かというと、「文字数が多い記事ほど網羅性が高く、読者のニーズを満たせる確率が上がるから」です。

もちろん、先ほどの例のように少ない文字数でもいい情報を提供できるのであればいいんです。

ですが、ほとんどの記事の場合は文字数を増やして情報の価値を高めていく必要があります。

ここで、ただ何も考えずに文字数を増やすのではなく、次の2つの点を意識していきましょう。

  1. 網羅性を高くする
  2. 補足情報をつける

これらを考えながら書いていけば、適度に文字数を増やしつつ良質な記事を作ることができます。

①網羅性を高くする

記事の網羅性を高くすることはとても重要です。

  • Aという情報だけしか書いていないサイト
  • A,B,Cという情報を全て網羅しているサイト

があったとすると、後者のほうがとうぜん検索順位が高くなりますね。

例えば、ゲーミングマウスを紹介する記事を書くとします。

  • マウスの持ち方(かぶせ持ち・掴み持ちなど)
  • 右利き・左利き

これらを網羅するようにいろいろな種類のマウスを紹介していけば、より検索上位に表示しやすいことがわかりますね。
(もちろん記事が無駄に長くなるなら複数に分けた方がいいかもしれません。)

自分の今書いている記事は網羅性があるのか、他に書くべき情報は無いかしっかり考えるようにしましょう。

網羅性を高くするときの注意点

いくら網羅性を上げればいいとはいえ、無駄な情報までつけ加えてはいけません。

例えばさっきのゲーミングマウスの例で言うと、網羅性を求めるあまりゲーミング用ではないマウスも紹介してしまったり、あまり評価が高くないマウスを紹介したりすることです。

きちんと読者が欲しがっている情報の中で網羅性を高めるようにしましょう。

②補足情報をつける

記事に補足情報をつけるのもいいですね。

例えば桜の見ごろを教える記事の場合、ただ「見ごろは何月です」と書くだけではいけません。

この場合、ユーザーは桜の見ごろを知った後にお花見の準備をすることが予想されますよね。

なので、おすすめの花見スポットや持ち物などを記事の最後に紹介しておくのがいいと思います。

もちろんまったく関係のない情報や、余計な情報を追記するのはNGです。

補足情報をつけるときの注意点

補足情報をつけすぎるのもダメです。

あくまでメインコンテンツを補足する目的なので、気づいたら補足情報のほうが多くなってしまっていたということが無いようにしましょう。

どうしても長くなるようなら別の記事にまとめ、関連記事のリンクとして貼るようにするのがいいですね。



まとめ

以上、ブログ記事の文字数に目安はないという話でした。

ブログを書くときは文字数は気にせずに、質の高いコンテンツを作るように意識していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました