理工学部英語統一テストを受けてきました

大学生活

テストが全部終わったと言ったな、あれは嘘だ。

というわけで、今日が本当の本当に最後のテストです。

とは言ってもこのテスト、別にテストじゃないです。

理工学部は、必修の英語のクラスが、

基礎、中級、中上級、上級、最上級

と分かれています。

どこに配属されるかがこのテストで決まるわけですね。

私は今年度、中級でした。

下位クラスになればなるほど、授業は楽になりますが、評定でAやSが取りにくくなります。

しかし単位を取るだけならどこも関係ないです。

つまり、AやSを狙わないなら下位クラスの方がいい!

というわけで、適当にテストを受けます_(:3 」∠ )_

使用するテストは G-TELPのLEVEL2

4月に受けたテストと全く同じですね。

果たして、無限に落ちた英語力でどこまで戦えるのでしょうか。

ちなみに全てマークシート。

4択問題です。

・文法

まず20分で文法の問題を解きます。

去年はある程度出来たはずなんですが、全く分かりませんでした\(^o^)/

1/3を解いた段階で、残り時間はもう半分!

時間も足りません。

最後の方はほぼ問題を読まず終了。

・リスニング

次に30分でリスニングの問題を解きます。

元々のセンターリスニング20点台の実力も相まって、未開の言語を聴いているような感覚でした。

「会話文を聴いて問題に答えろ。」

会話文→もちろん聞き取れない。

問題文→もちろん聞き取れない。

選択肢→読んでる時間が無い。

抵抗のしようが無いですね。

1問も分かりませんでしたし、何の話かすらも分かりませんでした。

途中で諦めて寝ました。

・長文

最後は40分で長文問題を解きます。

これは大して難しくは無いんですね。

でもここまでの無惨な結果から、もはや基礎クラスは確定したようなもの。

ここで無駄な労力を使う必要があるんでしょうか。

と議論した結果、快適な睡眠の時間に変身。

お疲れさまでした。

というわけで、酷い結果になりました。

むしろ上のクラスには行きたくないのでこれでOKです。

さて、テストが全て終わったので、これから4月まで大学に行くことはありません。

やったぜ。

 

その他の大学生活の記事はコチラ

大学生活の記事まとめ【慶應理工】
今までに書いた大学生活の情報記事をまとめています。主に慶應義塾大学理工学部の情報が多いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました